忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

移行


テキスト重視のネットショッピングから、ヴィジュアル重視のネットショッピングへ移行しつつある・・・。どのようにヴィジュアル重視のネット ショッピングに移行しつつあるというのでしょうか。やはりここでもSNS、インターネット上のつながりがカギのようです。友達、オンラインの仲間がお気に 入りにした製品の画像を見て、自分もその商品がいいと思ったらその画像をクリックして購入する。それがヴィジュアル重視のショッピングというようです。芸 能人が商品を紹介するいわゆるステマ商法ではなく、有人や知り合いの紹介している商品ということは、まだ安心かもしれませんね^^。中にはアフィリエイト もあるとは思いますが。このヴィジュアルを重視したショッピングが出てきたことにより、ネットショップ側でも変わったことがあるようです。今まではテキス ト重視だったのがヴィジュアル重視になってきた。今までは検索エンジン最適化に力を入れていたのですが、これからは「画像最適化」に時間をかけるネット ショップが増えてきているとのこと。画像の最適化を行っている会社もあるそうです。目指しているのは、「雑誌」なのではないでしょうか。オンライン上の 「雑誌」。オンライン上で雑誌の役割を果たすことは無理だろうなぁと思っていましたが、実現されつつあるのですね・・・、電子書籍があるのだから、電子雑 誌が出てきたり、あってもおかしくはありませんしね。ただ、書籍と違って、雑誌を電子化するのは難しいのではないかと思っていましたからうちは。しかしよ く考えればどちらも静止画ですものね。実現の可能性はあったわけです。紙媒体が好きだから、電子雑誌が流行るのが嫌なのもあります^^(笑)。価格もオン ラインの方が安いでしょうしね。紙媒体にある後ろのページの膨大な数のステマ、ステルスマーケティング広告を見なくて済むのであれば、電子雑誌も大歓迎で す^。あの膨大な広告をなくしてもらって、も少しコンパクトに安くしてほしい・・・。

SEO情報の大半は観念。「現実」に基づいたSEO対策情報のみ収集価値有り
ホストクラブやキャバクラサイトのSEO(コンサル+被リンク対策)も可能
SEOサービス利用終了後に設置済み被リンク群を剥がす事も可。有償解除
Yahoo!検索アルゴリズムUpdateとYahoo!検索Index Updateの違い。米YSTとの比較
対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている
毎月の被リンク対策効果の最大化に必要な「規模の最適化」という視点
検索エンジンの検索結果は力(ちから)で動く。玄人SEO業者がSERPs支配
オリジナル部分・コンテンツにキーワードを十分記述するとSEO効果大
ペナルティは有料リンクでも発動せず。被リンクSEO技術の高低で発動す
中小検索エンジン登録で期待できるのは「短期的な被リンク効果」のみ
関連性有る(関連性高い)記事に被リンク設置不要。関連言及は効果大
リンク元は御客様自身で確認。被リンクチェックツールで被リンク検索
毎月SEO料金の範囲内で設置可能な数だけ被リンク供給。被リンクの量
Google SEOの価値
文章量の少ないコンテンツがサイト内に多いと順位ダウン。パンダと量
メインサイトは集中させる、サテライトサイトは分散させる
PR