忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

逆SEO


「逆SEO」。逆SEOという言葉を聞いたことがあるでしょうか。もしくはご存知でしょうか。そうです、SEOの逆のことをする施策です。SEOとは大まかに言えば、検索結果の順位を上げるための施策を行うことです。その逆の施策を行うのが逆SEOというわけですから、検索結果のランキングを下げることを意味します。逆SEOを施す目的は一体何のでしょうか。インターネット上の誹謗中傷など、風評被害への対策として施されることが多いです。
自分のことを悪く言っているサイトの検索順位を下げることにより、多くの人の目に誹謗中傷の文章は触れなくなりますので、風評被害を解決できるというわけです^^。ただし、いいことというか、このような解決のために用いるばかりではないのも現実です・・・。情報発信の仕方が気に食わないからあいつのサイトまたはブログの順位を下げてやろうという悪い奴らもいます。風評被害やいわれのない悪評うぁっ申されたときにだけ逆SEOを用いるようにします。

旧時代(昔)の被リンクが多く付いていると順位上げるのに大変苦労する
SEOサービスの料金は弊所が指定、逆SEO対策サービスでは御客様が指定
各国Googleのベース(検索アルゴリズム)は同じ。英語圏SEOも対応可
重複コンテンツ放置によりWebサイトに齎されるSEO集客「不利益」2つ
「Yahoo!SEO」と「Yahoo! SEO」ではYahooの検索結果は異なる。
賢い検索エンジンGoogleで上位表示迄に必要な期間。ビッグキーワード
コンテンツ内容にピッタリ合うキーワードでしか安定上位表示は狙えぬ
各キーワードで最適化されたコンテンツ群を用意すれば安定1位表示可
被リンク競走で勝ち続けられるようSEOサービス設計。被リンクの質と量
「検索ユーザーの役に立つか?」で重複コンテンツのGoogle評価は変わる
両サイト(複数サイト)で記述が重複すると危険な箇所。Title重複は?
輸入・内需型企業は余力ある内にSEO対策した方が良い。円安増税の逆風
Googleアルゴリズムの特徴。特徴に沿ったコンテンツと被リンクは効く
コンテンツと関連する発リンクの数は多い方が良いか?SEO効果小さい
1サイト1被リンク、リンク設置ページのインデックス登録に時間掛かる
「1サイト1被リンク+ROS被リンク」と「1サイト1被リンクのみ」の違い
PR